Strada Life Style BLOG [ストブ]
文字サイズ 小大

Smart Touch 操作の早道

皆さん、こんにちは!Strada Lifestyleブログ編集部(略してストブ編集部)です。 発売以来、ご好評いただいております新しいストラーダポケットMP700シリーズ・MP500シリーズ。
新ストラーダポケットをより便利に使うためのタッチ操作を全10回にわたりまして動画でご説明する「Smart Touch 操作の早道」もいよいよ最終回です

今回は、新ストラーダポケットの新機能、FMトランスミッターと音楽再生機能で、もっとドライブを楽しむための操作を「配線不要で簡単に、お気に入りのBGMをドライブ中に楽しむためのワンタッチ」として、動画でご紹介いたします。 (ストラーダポケットの基本的な使い方は「 ストラーダ ポケット楽しみ方のコツ 」、困った時の便利操作は「 ストラーダ ポケット こんな時の便利ワザ 」をご覧ください。※機種によって一部表示や操作が異なることがあります)

まずは以下の「Smart Touch ムービー」をご覧ください。





Touch 21. FMトランスミッター

トランスミッターの周波数は、地域ごとの放送と重ならないものを選択します。

音楽やナビの音声を車で聞く際は、本体の小型スピーカーよりも車についている大型のスピーカーを使って聞きたいですね。しかし、これまではナビからの出力を車のオーディオにつなぐためには厄介な配線が必要なため、ナビ本体のスピーカーを使わざる終えなかったかたも多いのではないでしょうか。
新しいストラーダポケットMP700・MP500シリーズは本体のスタンドに「FMトランスミッター」を内蔵。大体の車にはついていることの多いFMラジオを通して、配線不要でナビの音声や音楽などのAV機能を楽しむことができます。
使い方は、本体の「システム設定」から「FMトランスミッター」を選択。「オン」に切り替えた後は、下に表示される周波数とカーオーディオの周波数を合わせれば、カーオーディオから音声が出力されます。


Touch 22. 音楽再生

データの管理も、再生モードの切り替えもタッチパネルで簡単に行えます。

ストラーダポケットは、新たに音楽再生に対応。ドライブ中にたくさんの音楽データをSDカードで持ち出せば、お気に入りのBGMでドライブをより楽しむことができます。
使い方は、まずパソコンなどでSDカードにMP3形式(MPEG1 LAYER3、MPEG2 LAYER3 LSF)もしくはWMA形式の音楽データを入れます。本体のSDカードスロットに音楽データを入れたSDカードを挿入たら、AVメニューから「音楽再生」にタッチ。フォルダごとに音楽データを一覧表示して、選択できます。もちろん頭だしや、「ランダム」「リピート」などのプレイモード変更にも対応。好きな音楽を好きに楽しめますね。

いかがでしょうか。ストラーダ ポケットFMトランスミッターで配線の手間ない音楽再生で、ドライブの楽しみが広がりますね。ぜひ使いこなしてふだんのドライブをもっと快適にお楽しみください!(お近くのストラーダ ポケットの取り扱い店舗の検索は、ストラーダ スクエアページ へ!)

★☆その他の機能について詳しくはこちら☆★
Smart Touch 操作の早道 目次
ストラーダ ポケット こんな時の便利ワザ 目次(操作機種:MP250D・MP250DL)
ストラーダポケット楽しみ方のコツ 目次(操作機種:MP200D・MP200DL)

★☆新製品について詳しくはこちら☆★
ポータブルSDカーナビステーション「Strada Pocket(ストラーダポケット)」商品ページ

CONTENTS

RSS登録