Strada Life Style BLOG [ストブ]
文字サイズ 小大

新ストラーダ登場! | ニュース

本日、パナソニックのカーナビ「Strada(ストラーダ)」の新機種が発表されました。発表されたのは、AV機能満載で、自分好みにカスタマイズして便利に使えるミドルクラスHDDカーナビステーションと、 持ち運んでも楽しめる小型軽量ボディーに充実のナビ機能とAV機能を兼ね備えたでポータブルカーナビステーション!では早速、それぞれ新商品の魅力を、ご紹介しましょう!

「ストラーダ・チューン」で自分好みにチューニングできるミドルクラス

本日発表の新しいミドルクラスHDDカーナビステーションは全部で3機種。インダッシュタイプのCN-HX910Dと、2DINタイプのCN-HW890D・HW860Dです。 地デジチューナーや大容量60GBのHDDを搭載して、ナビ機能もAV機能も充実の3機種。さっそく注目の新機能をご紹介します。

ルートチューンの設定は「低」から「高」まで段階的に設定が可能です。

まずはナビゲーションを自分好みにチューニングして、より使いやすくできる「ストラーダ・チューン」です。「ルートチューン」「ガイダンスチューン」「マップチューン」で詳しく設定することで、 ナビを自分の使いやすいようにカスタマイズすることができるこの機能。
たとえば、「できるだけ最短距離で行きたいけど、細い道は通りたくない」や「休日は割引のきく高速道路を使いたい」など、 ルート探索の要望は多種多様。そんな時「ルートチューン」でより細かい設定をすれば、いつでも思い通りのルート探索ができます。
また、ルート案内中に分岐や合流の音声案内が多すぎて、せっかくの音楽がさえぎられてしまうとき、 「ガイダンスチューン」で音声案内の頻度や、場所ごとのON/Offを調整すれば、逃せない案内はしっかりと聞きながら、不要な案内を止めることができます。
さらに、これまでは背景色のみの変更だった地図表示も「マップチューン」で道路色やフォントサイズを変えれば、64種類の組み合わせから自分の一番見やすい表示を選択できます。 これらの「ストラーダチューン」を使いこなせば、ストラーダを、自分好みの使いやすいナビにカスタマイズできますね。

またAV機能では、さらなる高音質化を実現。音楽CDを録音時に非圧縮で取り込める「CDダイレクト録音」を搭載しました。音楽をHDDに保存した際にも、CD再生時と同様の高音質で楽しめます。 高音質サラウンドで楽しめる「音の匠」モードには、新たにイコライザー調整機能に対応した新モードを搭載。サウンドも自分好みに調整ができますね。

HDDカーナビステーションCN-HX910D・HW890D・HW860D商品ページ

2つの画面サイズから好みに合わせて選べるポータブル


液晶と枠がフラットにつながった新デザインは、見た目だけでなく、タッチ操作のしやすさも向上してます。

ストラーダポケットは、700シリーズ・500シリーズ・300シリーズが新たにラインナップに加わりました。 内蔵電池搭載で、持ち運んで外出先でも「ワンセグ」や「お出かけウォーク」などで楽しめるストラーダ ポケットですが、新機種ではナビゲーションもAV機能もさらに強化! デザインも一新され、よりスタイリッシュに生まれ変わりました。 (各機種間の違い、選び方に関しては解決!ポータブルナビ選びのよくある質問をご覧ください)

注目ポイントはまず、大画面モデルの登場です。700シリーズは7インチ液晶搭載で、地図表示も大きくなり、ワンセグやSDビデオ再生時も大迫力で楽しめます。 その上タッチパネル操作時には、タッチできる範囲も広がり操作もしやすいですね。

ナビ機能では「高速ルート探索」による、あっという間の5ルート同時検索や、GPSの届きにくい場所でも自車位置を見失わない「3Dハイブリッドセンサー」など、フルサイズのナビに迫る充実の基本機能を搭載。 また少ない手順で混雑を迂回したり、駐車場を探したりがワンタッチ!より少ない操作で便利に使えるようになりました。詳しくはストラーダポケット 操作の早道をご覧ください。

AV機能の注目ポイントは音楽再生への対応。「700シリーズ・500シリーズ」なら本体のスタンドにFMトランスミッターを搭載しているため、面倒な配線の手間無く、カーステレオで音楽を楽しめます。 またワンセグ放送は視聴だけでなく録画にも対応し、見逃せない番組を録画して、ドライブの空き時間に楽しむことができるようになりました。

ポータブルSDカーナビステーション「Strada Pocket(ストラーダポケット)」商品ページ

さて、以上ご紹介いたしましたストラーダ新製品は、ミドルクラスとポータブル共に4月中旬に発売予定です。Strada Lifestyleブログ(略してストブ)では、これからも新製品の最新ニュースをお伝えしてゆきますので、ご期待ください!

CONTENTS

RSS登録