Strada Life Style BLOG [ストブ]
文字サイズ 小大

Smart Touch 操作の早道

皆さん、こんにちは!Strada Lifestyleブログ編集部(略してストブ編集部)です。 発売以来、ご好評いただいております新しいストラーダポケットMP700シリーズ・MP500シリーズ。
新ストラーダポケットをより便利に使うためのタッチ操作を全10回にわたりまして動画でご説明する「Smart Touch 操作の早道」の第5回です

今回は、新ストラーダポケットの、ワンタッチで目的地についてさらに詳しいことがわかる2つの機能を「事前の登録で、手間無く便利にドライブするためのワンタッチ」として、動画でご紹介いたします。 (ストラーダポケットの基本的な使い方は「 ストラーダ ポケット楽しみ方のコツ 」、困った時の便利操作は「 ストラーダ ポケット こんな時の便利ワザ 」をご覧ください。※機種によって一部表示や操作が異なることがあります)

まずは以下の「Smart Touch ムービー」をご覧ください。





Touch 11. 地点登録

事前に登録すれば、すぐに目的地に設定

友人の家など、よく行く目的地へのドライブのさい、あらかじめ「地点登録」をしておけば、すぐに目的地を呼び出せるため、いつでもどこからでも迷わずにドライブすることができます。「また来るかも」と思った場所はどんどん地点登録して、自分なりのアドレス帳として使いこなしましょう。
使い方は、登録したい場所に行った時、地図右下の「地点登録」ボタンにタッチするだけ。ワンタッチで現在地が地点登録されます。
登録した地点にドライブするときは、ナビメニューの「登録ポイント」にタッチすると表示される一覧から選択するだけ。検索の手間なく、すばやく目的地に設定できます。
登録ポイントは全部で106件まで登録可能。名称や情報を好きなように編集できるので、たとえばお気に入りのお店の名前と電話番号を登録すれば、アドレス帳として便利に使えます。
ぜひ登録ポイントを使いこなして快適なドライブを楽しんでください。


Touch 12. 迂回メモリー

迂回したいエリアを手軽に設定できます。

大きな交差点や、踏切などいつでも混雑してしまう場所や、細い道などはなるべく通りたくないものです。しかしルート探索で条件を変更して、通らない道を探すのは大変ですね。
そんな時ストラーダポケットなら、あらかじめ「迂回メモリー」に登録しておくことで、ルート探索の際に指定した箇所を避けたルートを探索します。
使い方は、設定メニューの「登録ポイント」から、下の「迂回メモリー」登録にタッチ。迂回した居場所を検索します。迂回した居場所を検索したら、迂回する範囲を選んで「セット」で登録が完了。ルートを探索する際に自動的に指定の場所を迂回します。
通りたくない場所を10箇所まで登録できるので、ルート探索で悩まずに、通りたい道でドライブできますね。

いかがでしょうか。ストラーダ ポケットの目的地検索を使えば、ふだんのドライブをもっと快適に楽しむことができますね。ぜひ使いこなしてふだんのドライブをもっと快適にお楽しみください!(お近くのストラーダ ポケットの取り扱い店舗の検索は、ストラーダ スクエアページ へ!)

★☆その他の機能について詳しくはこちら☆★
Smart Touch 操作の早道 目次
ストラーダ ポケット こんな時の便利ワザ 目次(操作機種:MP250D・MP250DL)
ストラーダポケット楽しみ方のコツ 目次(操作機種:MP200D・MP200DL)

★☆新製品について詳しくはこちら☆★
ポータブルSDカーナビステーション「Strada Pocket(ストラーダポケット)」商品ページ

CONTENTS

RSS登録