Strada Life Style BLOG [ストブ]
文字サイズ 小大

ペーパーアートの裏側 | ストラーダのあるクルマ生活

ペーパーアート作品制作の様子
Strada Lifestyleブログ編集部(略してストブ編集部)が伺う、ペーパーアート作家太田隆司さんインタビュー「ペーパーアートの裏側」も今回が最終回。
第一回目のペーパーアートの醍醐味と、第二回目の、カッターで表現するということに続き、第三回目の今回は、ストラーダーオリジナルのペーパーアート作品について、そこに込めた想いなどを伺います。(太田さんの作品は、ストラーダユーザーのコミュニティサイト「CLUB Strada(クラブ ストラーダ)」でペーパアートのオリジナル壁紙などがお楽しみいただけます!)

ストラーダペーパーアート

「道」をテーマにしたストラーダペーパーアート。こちらは、2008年冬に発表された作品。

ストラーダペーパーアートに込めた想い

昨年よりストラーダオリジナルのペーパーアートを続けて制作されている太田さん。「道」というテーマで作られた一連の作品には、どんな想いが込められているのでしょうか。
「一連のストラーダ作品の中で、私なりの最初の課題は、ストラーダのロゴをどう作品に忍ばせるかということでした。これを表現できずして道はないと。そして次が道の見せ方ですね。これもいろいろ工夫しました。道を見せるために作品全体の傾斜を強めにしたり、曲がった道や坂道を登場させるなど、いろんな道にチャレンジしましたね。道自体は今まで自分の作品の中にも何度か登場していますが、ここまで道にこだわったのは、この一連の作品が初めてですね。」

なるほど。太田さんの言うとおり、ひとつとして同じ道がないのも作品を見比べてみるとよくわかります。



太田隆司さん

最新作の全景。ルート66のガソリンスタンドをイメージした作品。

「最新作はわれながら良いものが出来ましたね」

今年の春に完成したストラーダオリジナルペーパーアート最新作。この作品は、実際の道「ルート66」をモチーフに作られました。
ルート66は1926年に創設されたアメリカ最初の国道の1つ。20世紀中頃には、アメリカ発展の象徴として、小説や映画、音楽などにもたびたび登場し、長きにわたりアメリカの人々に愛されてきました。1985年に廃線となった後も、古き良き時代を懐かしむ多くの人々に守られています。

太田さんは最新作について、このように語ってくれました。
「最新作はわれながら良いものが出来ましたね。今まではとにかく道そのものを見せようとしていたのですが、今回は考えを変えて、道を見せずに道を表現することにチャレンジしました。結果的には、ルート66の存在感や1950年代のアメリカの雰囲気をうまく表現できたと思います。この後も同じようにいくかはわかりませんが、新たなステージに来たという感じですね。」

太田隆司さん

車だけでなく、映画も大好きと語る太田さん。好きな映画のジャンルは「潜水艦モノ」とのこと。潜水艦の閉鎖された空間が、車の運転席に通じるとのことです。

「様々な人に受け入れられる作品を作って行きたい」

進化し続ける太田さんのペーパーアート。これから先はどんな作品づくりをしていくのでしょう。具体的に作品にしたい風景や人物など聞いてみました。
「時代劇をやってみたいですね。忠臣蔵とか。刀を振り切ったシーンみたいなもので。でも、そこに車がどう絡むか難しいですけどね(笑)」
雪が降り積もる12月14日、吉良邸に集う赤穂浪士、そこに通りかかる一台の車!?なんとも面白そうなシチュエーションです。太田さんのことなので、あっと驚く作品が出来上がるに違いありません。他にも「ローマの休日」などの有名な映画もペーパーアートにしてみたいと語ってくれました。太田さんのチャレンジはまだまだこれからも続くようです。

最後に太田さんは、今後の活動についてこう語ってくれました。
「やりたいことはいろいろあるのですが、なんといっても、これからますます様々な人に受け入れられる作品を作っていきたいのが一番ですね。自分自身、基本は柔軟で、いろんなものを吸い込めるタイプだと思っているんです。それゆえに柔軟に作品の雰囲気を変えていけるんじゃないかなと。最終的には、いろんな人々が楽しめる作品を作り続けていきたいですね。」




ペーパーアート作家 太田隆司さんインタビュー 第一回「ペーパーアートの醍醐味」はこちら
ペーパーアート作家 太田隆司さんインタビュー 第二回「カッターで表現すること」はこちら


profile
太田 隆司
太田 隆司(おおた たかし)

ずば抜けた観察力を一本のカッターと紙だけで表現してゆくペーパーアート作家、太田隆司氏。その指先から創りだされる作品は、すべて生きているかのように存在感を持ち、融合しあっています。会員サイト「クラブ・ストラーダ」では太田さんのオリジナル作品がご覧いただけます。見つめるほどに語りかけてくる、その不思議な世界をお楽しみください

CONTENTS

RSS登録